キーパープロショップ(KeePer PROSHOP)

キーパープロショップDr.Drive那珂湊SS

株式会社吉田石油

  • 2019年07月

2019年07月01日(月)

キーパーコーティングとは?〈287〉

当店のブログをご覧いただき、ありがとうございます。
  
7月1日は、童謡の日です。1918年に、日本初の児童文芸誌「赤い鳥」が創刊されたことを記念にしています。
どーも、ウェブ担当の鈴木です。
  
  
今日はそもそもキーパーコーティングってどんなコーティングという疑問にお答えします。
塗装は、コーティングより強いのが当然
車の「塗装」とは、車を錆などから守り、車としての美観を作り出す意味で最高であり最強です。
後から手塗りなどで上乗せしたコーティング被膜のほうが強いとは考えられません。
耐久力、美観、復元力、修復の利便性など総合的なバランスにおいて現代の塗装が最強であると言えます。
   
それでも、塗装は傷むことを完全に防ぐことは出来ない!
塗装は紫外線に晒され、酸性雨を浴び、走行中の空気やホコリその摩擦、洗車ごとにブラシや手で擦られ、年々劣化していくことはなかなか防ぐことはできません。
しかし、人間にもアンチエイジングとして老化を防止する方法があるように、車の塗装にもアンチエイジングの方法があります。
キーパーコーティングは、塗装の身代わりとなって傷む「犠牲被膜」
キーパーの理論は、コーティングを塗装保護のための「犠牲被膜」と考えることです。
塗装上のコーティング被膜は、塗装の身代わりとなって紫外線を受けて傷み、塗装の身代わりとなって酸性雨を受け、黄砂を含んだ雨を受け塗装の身代わりに傷み汚れます。
  
コーティングとは「傷むこと」が本来の役割である「犠牲被膜」と言えます。  
重要なのは、塗装の身代わりとなって傷んだコーティング被膜を、再施工やメンテナンスによって容易に入れ替えできることなのです。
  
塗装の上で自らが犠牲になって傷み、汚れ、定期的に入れ替えられるべき犠牲被膜だからこそ、コーティング本来の役割を果たすという考え方は特許となっています。

最も大切にすべきは、「新鮮な塗装」。
自らが犠牲となって塗装を守ることがコーティング本来の役割です。  
   
キーパーコーティングは、自らが劣化することで、塗装を守ります。
  
   
4種類のキーパーコーティングは、車の塗装を劣化させず、新車時の状態をキープする「車のアンチエイジングのためのコーティング」として施工されています。

車の塗装は消耗品です。キーパーコーティングで消耗から守り、キレイを長続きさせましょう。
皆様からのお問い合わせ、ご予約をスタッフ一同心よりお待ちしています

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
【カーコーティングと洗車のプロショップ】
株式会社吉田石油 
キーパープロショップ
Dr.Drive那珂湊SS
茨城県ひたちなか市釈迦町8-1
   
★社内コーティング技術力コンテスト★
2018年 準チャンピオンスタッフ在籍
2017年 チャンピオンスタッフ在籍
2015年 準チャンピオンスタッフ在籍
★コーティング施工写真掲載数★
総枚数    茨城県 3位
直近2年 茨城県 1位 
★コーティング専用ピット完備★
雨の日の施工もおまかせ下さい!

抜群の施工実績に支えられた経験と知識、技術力で皆様のお車のキレイをお約束します。
ご相談、ご予約はお電話またはメール、LINEでどうぞ
029(263)5777
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□