キーパープロショップ(KeePer PROSHOP)

Enejet本通6丁目店

株式会社三ッ輪商会

  • 2020年05月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

2020年05月22日(金)

こんなお悩みも解決できます!

いつも当店をご利用いただきありがとうございます。

店長の今地です。


先日コーティングを施工頂いたお客様より、『窓わくやルーフレールのメッキ部分に白いシミが付いていて、洗車しても取れないのでどうにかできないか?』とご相談を受けました。

じつは同じように、欧州車(ベンツ・BMW・アウディ・VWなど)にお乗りの方に同様の症状が多くみられ、お悩みの方がいらっしゃいます。


白い「シミ」の正体はサビです。

欧州車の金属モールはアルミ合金でできており、アルカリ洗剤が掛かるとアルカリ錆が発生し白いシミの様に汚れてしまいます。

また、やっかいな事にこれらの汚れはケミカルでは落とす事が困難で、洗車作業で解決する事が出来ません。


当店では、この白いサビ汚れを丹念に磨くことで白いシミを取り除くことが出来ます。(モールクリーン&プロテクト

また、白いサビ汚れの発生を防止するコーティングもご用意しておりますので(モールプロテクト)、必要に応じてご用命ください!


今回は、上記のお客様のご相談を解決した施工事例を掲載させて頂きます。





写真では小さく分かりませんが、窓枠とルーフレールに白いシミが付いておりました。

購入したのが1月という事で、約半年の間で白いシミが発生したものと思われます。


施工内容は、


①粗さの違う2ペーパーヤスリを使い、丁重に白いサビを削り落とします。

 ※力を入れすぎたり、何度もこすると下地が見えてしまう事もあるので、力加減が難しく神経を使います…。

②仕上げに二種類のコンパウンドを使用し、手磨きしていきます。

③キレイになったらコーティングを掛けて再発を防ぎます。


まだ、シミが薄かったのでキレイになりましたが、発生から年数が経ち、シミが強靭になった場合は完全には取り切れない場合もございますので、お早めにご相談ください。