キーパープロショップ(KeePer PROSHOP)

ジェイエイエネサプライ西都SS

JA宮崎経済連

  • 2020年11月

2020年11月22日(日)

【総括】タイヤ集中得市

ブログをご覧いただきありがとうございます。

JA宮崎経済連
ジェイエイエネサプライ西都SS

どーも山口です。

昨日・一昨日と開催しました
タイヤ集中
オータムフェア
多くのお客様にご来店いただき
ありがとうございました。

ご好評いただけたものと確信しております。

本当にありがとうございました。



さて、本日は
【タイヤ集中市 総括】と称しまして、
ちょっとだけタイヤについての事例をご紹介させていただきます。


タイヤを交換する理由は
①溝がない
②劣化している
③破裂・損傷
④その他
でしょうか?

タイヤは溝がないと使用できません。
溝が1.6mm以下になると、
道路交通法でいうところの整備不良というやつです。
「そのうちに~」とか言ってる場合じゃないです。



そして、意外と今回多かったのが、
劣化により交換をいただいたパターンです。
いわゆるヒビ割れ・クラックというやつです。

タイヤのヒビで多いのは、
サイド部分のヒビ割れです。


タイヤは、
車に装着されている状態では真円ではありません。
地面に設置している部分は車の重量で変形してます。

そうです。
タイヤのサイド部分は、
乗り心地や燃費の向上という意味も含めて、
薄く柔らかく作られてます。

ヒビが入るということは、
柔らかさが減り、硬化してきているという状態です。
硬化するということは、
柔軟に変形できず
圧がかかった場合には破裂する危険性があるということです。


サイド部分のヒビの危険性はよく謳われてますが、
今回はトレッド面(地面と接する部分)のヒビについても
触れたいと思います。

今回多かったのが
このパターンでしょうか。


サイド部分に若干のヒビがあると思ったら、
トレッド部にはかなりのヒビが入っている状態のパターンです。

新品かな?と思うくらいにタイヤの溝が残ってますが、
ヒビがヒドすぎて交換をご依頼いただきました。

前述の通り、サイド部は柔軟性が必要です。
そのために、タイヤの骨格としてナイロンコードが使用されています。

これに対してトレッド面は強度を持たせるために
スチールコードが使用されてます。

サイドはナイロンコードなので、
ヒビが入ってもコード自体に直接影響はありませんが、
トレッド面はスチール、金属のコードが使用されてます。
「タイヤが減ってワイヤーが出る」のワイヤーもその一部ですね。

トレッド面のヒビがヒドくなり、スチールコードまで達すると、
そこからが入ります。
コード自体が錆びます。
タイヤのトレッド面の下で
見えない状態で錆びが広がります。
最悪、トレッド面がベロっと剥がれます

出典:https://www.taiyakan.co.jp/shop/ikoma/diary/263507/
画像自体は錆によっての剥離ではありません。
ただの参考画像です。画像拝借失礼します。

タイヤのヒビ割れについては、
本当に近所への移動にしか使わない方で多い傾向にあります。
距離を乗らないのでタイヤが減らないのは仕方ないことです。

しかしながら、タイヤの溝が減らないからと言って
タイヤが未来永劫使用できるかというと
全く別の話です。

劣化はします。
確実に。

症状が進行しているのに気付かずに、
高速道路なんか乗ったら大変ですよ。

ちょっとそこまでのお出掛けでも、
40Km/hは出るでしょ?
軽く見てません?
40Km/hで正面衝突したらこんな衝撃ですよ!?
100mを10秒で走る人間は時速36Km/h。
それよりも速いんですから。

車検ではヒビは見てくれません。
どんなに古かろうが、ヒビがあろうが、
溝さえあれば車検に通ることがあるのが現状です。
じゃないと15年前とかのタイヤを履いている車が存在すること自体がありえませんもんね。

ただでさえ長距離を乗らない上に、
コロナ禍でさらに外出の機会が減って、
ガソリンも使わないので私たちからの点検の機会も減って…
という感じでしょかね?

今回も多くのお客様へ安全遡及をさせていただけたと思います。
これからも安全運転でお過ごしくださいませ!!

今日も元気にタイヤ点検!!
空気圧調整!!
お気軽にお申し付けください!!

皆様のご来店を心よりお待ちしております!!

※通報内容について詳しい内容をお伺いする場合があるため、入力をお願い致します。