キーパープロショップ(KeePer PROSHOP)

ジェイエイエネサプライ西都SS

JA宮崎経済連

  • 2020年04月

2020年04月07日(火)

車内の温度も気にしてください☆

ブログをご覧いただきありがとうございます。

JA宮崎経済連
ジェイエイエネサプライ西都SS

新型コロナで今日にも都市部には緊急事態宣言が出される見通しですね。
行動が自粛されると、小売店はそれはそれで大変なことになります。

一時的な対応で治まってくれることを願うばかりです。

宮崎県でも一時は落ち着いてましたが、ここ数日は連日感染者が確認されています。
個人的には「県外に行くなよ~⤵」って感じです。
飛行機も停止させればいいのに…
どーも山口です。


さてさて、宮崎市での感染者確認を受けて、宮崎市は20日まで小中学校の臨時休校を発表しましたね。
他の行政区はどうなんでしょうか?

急遽お休みを取らなきゃいけなくなった親御様もいらっしゃるのではないでしょうか?
決算期の会社様も多いと思いますのでなにかと段取りが大変かと思います。

そんな中でお子様と車でお出掛けすることもあるかと思いますが、
JAFが行ったこんなデータがありましたので、参考にしていただければ幸いです。

それは、
春先の車内での
熱中症の危険について
というもの。

検証は2つ。
①大型SUVと軽ワゴンを使用し、
 車内温度がどう上がるかを検証。

車内空間が大きい方が温度が上がりにくいイメージがありますが、
結果は大型SUVの方が温度が高くなるものとなりました。

特にダッシュボード周辺の測定結果は、
大きな差が出ております。


《検証結果》

要因としては、大型SUVのほうが軽ワゴンよりフロントガラスの面積が広く角度が浅いため、より直射日光がダッシュボードに当たっていたことが考えられます。



検証2つ目
湿度の高低が熱中症に
影響があるか検証。



同車種を使用し、
湿度を15%と45%に調整し、熱中症の危険度を検証した結果、
湿度が高い方が熱中症になる危険が高くなると判断されています。



この検証は5月の埼玉県で実施されてますが、
いずれにせよ、
春先でも車内が高温になることには
変わりありません。
この時期でも、小さい子供やペットを
車内に残すことは危険です。
十分ご注意いただき、安全・快適なカーライフをお過ごしください。


JAFホームページ