キーパープロショップ(KeePer PROSHOP)

Dr.Driveローズガーデン東町SS

土居石油株式会社

  • 2024年02月

2024年02月07日(水)

魔物はあなたのすぐそばに棲んでいます…

皆さんこんにちは。

土居石油ローズガーデン東町SSの中澤です。



今日は、皆さんの周りに潜む意外な危険をひとつご紹介します。



皆さんは「坂道錯覚」という現象をご存じでしょうか?



例えばこちらの画像…
黒い車が走行している地点は下り坂に見えますが、その車の前方は上り坂に見えます。



しかし、実際はこの道、ずっと「下り坂」なんです。



これが危険な「坂道錯覚」です。



前方が上り坂だと思ってアクセルを踏み続けていると…

知らない間にスピードが出すぎていた!なんてことも…



こう言った錯覚。

「サグ部」と呼ばれるV字の緩やかな坂道など、傾斜が異なる道路が連なっているケースで起こりやすいとされています。



また、緩い下り坂と緩い上り坂が連なる場合でも、上り坂になっていることに気づかず、車の速度が低下し渋滞が起こってしまうこともあります。


高速道路の有名な渋滞地点として東名高速「大和トンネル付近」が挙げられますが、この地点も緩い下り坂から平坦な道に戻る「サグ部」があることから、渋滞してしまうポイントです。


この様に、坂道という所は錯覚が起こり得やすいので、車間を十分に空け速度の増減に注意しながら、「安全運転」でドライブを楽しんで下さい!



最後に「脳がバグる」坂道錯覚の画像をお見せします。
この写真は鳥取県境港市にある江島大橋。


通称「ベタ踏み坂」と呼ばれています。


まるで、垂直に道路が立っている様な見た目ですね。



勾配は6.1%と一般的な坂道に比べ勾配は急ですが、写真の妙でマトリックスの映画でも見ているかの様に見えてしまいます。


この壮観な風景、鳥取に行った際は「坂道に注意」しながらチェックしてみてください!



※通報内容について詳しい内容をお伺いする場合があるため、入力をお願い致します。