キーパープロショップ(KeePer PROSHOP)

キーパープロショップ 新見セントラル店

山佐フロンティア株式会社

  • 2022年08月

2022年08月04日(木)

ブチ込む vol.1415

皆さん、こんちくわ!

先ずは、先日開催された「803の日」※ヤマサの日のイベントにおいて、予測を遥かに上回るご来店の為に、多くの皆様にご迷惑をお掛けした事をお詫び申し上げます。

本当に、大変申し訳ありませんでした・・・。

昨年のタイガースのドラフト1位の森木投手は間違無く、これからのタイガースの軸になると大学選抜との試合をチェックし確信した虎キチで飼育係の山本です。

さて、一部の車好きなマニアから作業依頼の指名をされる事がよくあります。

自身も多くの車に乗り、沢山のお客様のお車に携わってきました。

改造全般の経験値もそこそこ・・・(笑

キーパーも好きですが、車弄りはもっと好きなんです。

そんな中、この日も超神経質で有名なオーナー様からのご指名。

何と!

新車のタフトのリフトアップからのマッドタイヤに変更し車検に通る様にインセットして欲しいと・・・。

昔から聞く言葉・・・。

友達」と書いて「ダチ」と呼ぶ。

単車」と書いて「マシン」と呼ぶ。

飼育係」と書いて「ブチ込む」と呼ぶ。

つまり、今回のミッションは「ブチ込む」と人は言う。

当社の「タイヤガーデンアシン」に場所を移動し作業開始。

先ずは、リフトアップキットの取り付け。

大幅な構造変更を避け、純正部品を使いながら取り付けるキットをチョイス。

4cmのアップの容姿を手に入れたタフト。

しかし、著しく車高が下がれば「ネガキャン」だが、逆に上がれば「ポジキャン」になるのは必然的ですよね。

タイヤサイズ 175/60R15 

ホイールサイズ 6.0J +47

つまり、「ポジキャン」になれば簡単にハミ出します・・・(笑

この「ポジキャン」を「ブチ込む」事が出来なければタイヤの偏摩耗・直進安定性・操舵性・車検非対応に影響が出ます。

しかし・・・。

任せて下さい・・・。

飼育係」と書いて「ブチ込む」。

目を付けたのは純正ストラッド。

イメージを繰り返
しながら◯秘加工を施し、キャンバー角の可変域を設ける。

純正ストラッドとのギリギリ攻めて固定。

左右バランスを取りながらアライメントテスターでの測定。

機械が導き出したデータに「経験値」で立ち向かう。

キャンバー角とトー角を調整し完璧なリフトアップの完成。

ハミ出ていたタイヤも「ブチ込み」完璧な仕上がりに酔いしれた・・・(笑

これぞ、「自己満足」・・・(爆

でも、昨日のイベントで完全に心が折れました・・・(深

※通報内容について詳しい内容をお伺いする場合があるため、入力をお願い致します。