キーパープロショップ(KeePer PROSHOP)

キーパープロショップ林堂店

株式会社ヤスカワ

  • 2018年11月

2018年11月13日(火)

キーパーコーティングとディーラーコーティング何が違うの?

キーパーコーティングを検討されているお客様とコーティングのご相談をさせて頂くとよく聞かれる質問があります。

「キーパーコーティングとディーラーコーティングでは何が違うの?」

色々違うところがあるのですが、何から順番に話せば良いか、いつも少し考えてお答えしています。

まず、ディーラーコーティングと言っても種類は様々なので何と比較して良いかを考えてからお話しています。
ディーラーさんでコーティングされるボディガラスコーティングは殆どの場合ガラス被膜1枚です。
ガラスの皮膜は水道水などのミネラル分と結びつきやすい性質で、水シミが固着してしまいます。
メンテナンスは汚れ落としのシャンプー剤と撥水剤を使って自分で定期的に行わなければなりません。

キーパーコーティングはガラス被膜とレジン皮膜、Wの透明皮膜で出来ています。
ガラス被膜は一般的なガラスコーティングの50倍を超え(ダイヤモンドキーパーの場合)塗装の凸凹も埋めて塗装面を平らにしてもの凄いツヤを作り出します。レジン皮膜は水しみの固着を防止し、ガラス被膜だけでは得られないような深いツヤを出します。
メンテナンスはレジン皮膜の入れ替えです。
被膜が新しく入れ替わるので施工当初の艶と撥水を取り戻せます。
こうやっていつでも古い皮膜を新品の皮膜と入れ替えられるのがキーパーの特徴です。
それらの作業は全てキーパープロショップでコーティングのプロが行います。

コーティングの大まかな説明でもこれだけの違いがあります。

洗車とカーコーティングを専門とするキーパープロショップは設備も技術も、それに特化したものを全て揃えています。

雨風はもちろん、ホコリなども入り込まないような密閉されたコーティングブースで大切にお車をコーティングします。
照明や空調、洗車設備も全て車をキレイにするため専用に配備されています。
それらを扱うコーティング技術者も認定を受けたプロ。
毎日たくさんの車をキレイにしているから安心して任せられる技術を持っています。
その中でもコーティング技術コンテストに出場しているような技術者は自主的にトレーニングも行っているのでレベルの高い施工をする事ができるのです。
当店でも2017年奈良・滋賀大会を優勝した米田と2018年奈良・和歌山大会準優勝の上田が在籍しています。地区優勝者は全国大会にも出場しています。
毎日お客様の大切な愛車と向き合っているプロの施工は一級品です。
施工しているプロにしか分からない車個々の汚れをキッチリきれいに仕上げていきます。

ディーラーさんは車の整備、販売のプロですが、私達は洗車とカーコーティングのプロです。
車に関しては同じプロでも、車の美に関しては私たちの専門性の方が勝っています。

そういう所がディーラーさんのコーティングとの違いなのではないかと思っています。

3年耐久、5年耐久、1年耐久という耐久性だけではコーティングの性能は測れないと思います。
その耐久期間の間、本当にキレイで汚れにくく、コーティングが効いていると実感して頂けるコーティングがキーパーコーティングだと、ご説明しています。
それはお客様自身がメンテナンスするのではなく、プロがお手入れしてくれるラクちんなコーティングなんです。