キーパープロショップ(KeePer PROSHOP)

キーパープロショップ林堂店

株式会社ヤスカワ

  • 2020年01月

2020年01月12日(日)

1年「おき」と1年「ごと」のすべらない話

1年ごと、と1年おき、では意味が違う事があるという事を、昨日のテレビ番組で初めて意識しました。

当店の新年会が終わり、帰宅して何気にテレビをつけてみると
人志松本のすべらない話で、古舘伊知郎さんがそのネタを話していました。

「~ごと」と「~おき」とではある一定の時間のサイクルを超えると意味あいが違ってくるのです。
例えば「10分ごとにバスが来る」と「10分おきにバスが来る」は10分に1回バスが来るという事で同じ意味ですが、

「1週間ごとに病院へ行く」と「1週間おきに病院へ行く」とでは違ってくるというのです。

「1週間ごとに病院へ行く」は1週間に1回病院へ行くという事ですが、「1週間おきに病院へいく」では2週間に1回病院へ行くという意味になってしまうのです。

それは何故か、というとハッキリした理由は無いようで、

「秒、分、時間」などの小さい時間の単位の時には「ごと」と「おき」は同じ意味になるのですが、「月、年、週」などの単位になると違う意味として使っているようなのです。

今まで使い分けている意識は全くありませんでしたが、確かに言われてみればそうです。

ですが、どの単位で「ごと」と「おき」を区切ってが違う意味になるのかはハッキリしていないそうです。

外国人にこの言葉の違いを教える時は4年に1回のオリンピックは「4年ごとに開催されるオリンピック」=「3年おきに開催されるオリンピック」とするべきなのですね。

「おき」と「ごと」が違う意味を持つ事があると考えると、クリスタルキーパーの施工間隔を表現する「1年に1回新車にもどる」や「1年間ノーメンテナンス」はお客様に正しく伝わっている分かりやすい表現なのだな、と思いました。

それと同時に日本語の表現は奥が深く、もっと意識して使わなければな、とも感じた、すべらない話でした。

次に1月11日(土)に施工させて頂いたお車をご紹介致します。

3連休の初日、手洗い洗車やキーパーコーティングをはじめスタッドレスタイヤへの履き替え作業などが多い一日でした。

当店は出光のガソリンスタンドも併設しているので、コーティングや洗車と一緒にオイル交換やタイヤ交換も出来ちゃいます。

この日、1年間ノーメンテナンスのボディガラスコーティング、クリスタルキーパーと一緒にタイヤ交換とオイル交換をご注文頂いたお車はエブリィワゴン。
毎年クリスタルキーパーを1年ごとに繰り返し施工させて頂いています。

例年は12月に施工させて頂いているのですが、今年は暖冬で冬タイヤにしなくても良いかもしれない、とノーマルタイヤのままされていました。ですが、1月になると天気予報に雪のマークが時々出てきます。これでは不安です。
せっかくスタッドレスタイヤをお持ちなので、タイヤの履き替えをさせて頂いた次第です。

オーナー様、いつもご利用ありがとうございます。
次回、点検洗車や夏タイヤへの交換でのご来店お待ちしております。

こちらも毎年クリスタルキーパーを施工させて頂いているフィットです。
塗装面の艶は上々。
気になる汚れについてもお聞きして、施工させて頂きました。

オーナー様、いつもご利用ありがとうございます。
またのご来店お待ちしております!