キーパープロショップ(KeePer PROSHOP)

キーパープロショップ林堂店

株式会社ヤスカワ

  • 2019年09月

2019年09月24日(火)

キーパーコーティングの評判をネットで検索すると

今日の井岡スタッフと私の会話。

井岡「社長、キーパーコーティングの評判をネットで検索すると社長のブログが2番目か3番目に出て来るんですよ。」

私「そうなんだ、毎日がんばって書いてるからね、googleも評価してくれてるんじゃない。」

井岡「他のクチコミサイトでもキーパーの良い事がいっぱい書いてあるんですけど、酷評も書かれているんですよ。」

私「知ってるよ。例えば、どんな事が気になった?」

井岡「そうですね、例えば、キーパーのガラスコーティングはガラスではなくガラス系コーティングって書いてありました。ガラス系だから耐久性がガラス100%のコーティングより劣っていて耐久性が無くて剥がれるって書いてありました。」

私「へぇ、確かに100%ガラスでは無いよね。キーパーのボディガラスコーティングは分厚いガラス被膜で作られていて、塗装の熱伸縮にも追従できる柔軟性のあるガラスコーティングだよね。100%ガラスだけで出来ていると薄い被膜しか作る事が出来ないでしょ。100%ガラスで厚みのある被膜を作ると割れてしまうからね。キーパーのガラス被膜は分子的結合を比較的低分子にコントロールされたアルコキシオリゴマーで特殊な柔軟性があるんだよ。つまり、小さい分子が塗装の凸凹に入り込んで、塗装面を平らにもするし、さらに厚みがあるから美しい艶が生み出されるって事。それに、コーティングが早く剥がれて耐久性が無いっていうのも、ちょっと違うでしょ。」

井岡「はい、わかります。はっ水が弱ってもコーティングが剥がれているのではなく、見えないミネラルの汚れの膜が出来ているからですよね。汚れの膜をミネラル取り洗車をして取り除けば元のはっ水と艶が蘇るってお客さんに、いつも説明しています。気になる汚れがついた時も相談してくださいね。って言ってます。」

私「でしょ。これは、そういう事を知らない人が書いた話なんだよ。だから正しい事をお客様に伝えてくださいね。」
まだ、気になる事がある井岡スタッフは続けて聞きます。

井岡「もう一つ気になる事があるんですけど、キーパーは下地処理は不十分だから応急処置レベルのコーティングだって書いてる人がいたんですけど、それってどうなんですか?」

私「まぁ、キーパーコーティングは磨きをしなくてもキレイに完成しちゃうから、そう思う人もいるかもね。鏡面研磨や復元鏡面研磨っていうメニューも用意しているから、そういうのが希望のお客様には、下地処理をガチガチにしてコーティングする事も出来るよ。ただ、キーパーは厚みがあって塗装の凸凹も埋めてしまうほどの性能があるから、その必要が無いだけ。鏡面研磨がしたい人にはさせてもらえば良いと思うよ。うちは元々磨きも専門でやっていたから分かるけど、鏡面研磨を必要としない人の方が圧倒的に多いんだよ。磨く必要の無い車の塗装を磨いて薄くしても塗装に悪いだけでしょ。鏡面研磨をすると微細なキズが消えてキレイにはなるけど費用が5万円はアップするよ。逆にそれだけやっても全く違いに気づかない人もいるんだよ。人の感性って色々だから、お客さんとしっかり施工前にお話をして要望を聞いてね。あと、キーパーが本当にダメなコーティングだったらこんなに全国で普及してないから。野球に巨人ファンや阪神ファンがあるようにコーティングにだってファンがあるわけで、それぞれに良い所があるわけだよ。だから、あそこのコーティングがああで、こうで、って言いたくなるわけ。自信を持ってキーパーを販売してね。」

井岡「はい、そこのところは大丈夫です。今日もお客さんに喜んでもらえましたから。」

本日お喜びいただけたお車はマツダロードスター。
クリスタルキーパーのリピート施工です。
井岡スタッフが大好きなロードスター。
今日はウキウキしながらコーティングしていました。

お客様にもお喜び頂けて良かったです。