キーパープロショップ(KeePer PROSHOP)

キーパープロショップ林堂店

株式会社ヤスカワ

  • 2019年09月

2019年09月08日(日)

素人でも分かる

今から12,3年前、新古車で買ったアウディA4に社外ナビを取り付けてもらおうと、知人に紹介されたオーディオ専門のお店に行きました。

国産車なら自分自身で比較的簡単に取り付けする事が出来ますが
輸入車にナビを取り付けるのは国産車に取り付けるのとはちょっと勝手が違います。
単純に変換ハーネスで配線を接続するだけではなく、CAN Busアダプターを取り付けなけらばならなかったり、内装パネルを取り外すのにコツと経験が必要だっだり、素人では分からない事が多いのです。

最初はナビとETC、バックカメラだけを取り付けてもらう予定だったのですが、そのお店で扱っている商品や施工された車を見て色んな説明を聞いているとスピーカーも取り替えたくなってきたのです。

そのお店ではスピーカーはワンオフ(いわゆるお店にオーダーして作ってもらうもの)で取付けられているものが多く、フロントガラス横のピラーにツイーターを埋め込んで、定位を決めて音の距離を測って聞く人に最高の音を届ける設計にしてくれるのです。

それも良いな、と思ったのですが私は純正の風合いをそのままにして良い音が聞きたいと思っていたので、それに最適なスピーカーを提案してもらいました。

そのスピーカーはソニックデザイン。
高級カーオーディオ専門のメーカーです。
今は、こんな高級なスピカ―を買う事はしませんが、あの時は買ってしまったんです。
スピーカーは、そのものの性能で音が良いとか悪いとかが決まるように思いますが、ただそれだけではありません。
スピーカーが付いているドアが振動して音が外に漏れると良い音が聴こえないんです。デッドニング、と言う言葉をよく耳にしますが、その振動を止めるためにドアを補強する作業をしたりしなければなりません。ですが、ソニックデザインのスピーカーは最初から箱に入っているのでデッドニングをする必要も無く、音が外に漏れる事もないのです。

そのソニックデザインのスピーカー、高級なだけあって、もの凄いく良い音がします。
アウディには7年乗りましたが、次の車に乗り換える時にスピーカーを取り外して移植しました。
そして、今回、また乗り換えにあたって移植したのですが、取り付け後数週間で片側のツイーターがとうとう逝ってしまったのです。

片側だけ鳴らなくなったので同じシリーズのツイーターを探したのですが、ありません。10年以上前のものですからね。無いですよね。

代替えのものはありましたが、お高い。
お子ちゃま3人いると躊躇してしまいます。

そこでアルパインのXシリーズのツイーターがお安く手に入るという情報を見つけて購入しました。
ツイーターだけ、アルパインです。

とりあえず片側だけ取替ました。

素人の耳には全く遜色ありません。
どちらもむちゃくちゃ良い音です。
違いがわかりません。

10年以上経つと技術も進歩しているのでしょうね。
10年以上前のスピーカーと今のスピーカー、どう違うかは知りませんが、どちらも良い音。

明日、両方とも交換するか考えます。

本日クリスタルキーパーを施工させて頂いたのは新型、新車のN-WGN。
もう一台、お乗りのお車にはダイヤモンドキーパーを施工させて頂いています。

どちらも黒のボディカラーです。

クリスタルキーパーとダイヤモンドキーパー、どちらもむちゃくちゃキレイです。

プロの目からみればダイヤモンドキーパーはワンランク上の美しさですが、このクリスタルキーパーだけを見ると「これで十分満足です。むちゃくちゃキレイ!」とお客様は満足されます。

素人でも美しいものは美しいとすぐに分かりますが、違いがどれだけあるかは比較しなければわかりません。
それでも満足できる美しさなのであれば、クリスタルキーパー、ダイヤモンドキーパどちらでも良いコーティングなのです。

より美しいものをお求めの方は

クリスタル→ダイヤモンド→Wダイヤモンド

プロのスタッフに相談してメニューを決めると、より満足して頂けます。
比較する基準を色々と教えてもらえますよ。