キーパープロショップ(KeePer PROSHOP)

キーパープロショップ林堂店

株式会社ヤスカワ

  • 2019年07月

2019年07月05日(金)

資格の更新試験と無理の無い自己研鑽

私は先日、保険の募集人試験を受けて来ました。
最初に受験して合格したのが5年ほど前です。
保険の募集人というのは保険商品の販売をする資格の事で、今回はその基礎単位の更新のための試験を受験しました。
今月は米田チーフも受験しました。

何故、コーティングと洗車のお店で保険の資格がいるのか、というと、
キーパープロショップ林堂店は出光のガソリンスタンド「林堂SS」を併設しているので、ガソリンスタンドで車を販売した時や車検を受けてもらった時に必要となるのです。

結果は2人とも無事合格。

定期的に資格の更新をする理由は、その知識・モラルを忘れないためでもありますが、改正された内容なども認識しているかどうかの確認でもあります。保険はこの資格試験だけでなく普段からも商品の改定があるので定期的に研修を受け、確認テストを行って保険募集人のスキルを保っています。

では、キーパーコーティングの技術認定はどうなのかというと、
一定の技術検定試験を受験し、基準点を満たした者が技術認認定される制度となっています。

グレードは二つあります。
クリスタルキーパーが正しく施工できるコーテイング技術認定2級資格と
ダイヤモンドキーパ、Wダイヤモンドキーパーが正しく施工できる1級技術認定の資格。

基本的に1度技術認定検定に合格すればその資格が失効される事はありませんが、資格を取得しただけで、技術を使わなければ腕は確実に落ちてしまいます。

その技術の腕を落とさないためには毎日のコーティング施工と技術を向上させたいというプロ意識が必要となってきます。
技術を向上させたいというプロ意識の根底には車をキレイにしてお客様に喜んでもらいたいという思いがあります。

当店では技術力向上のために技術認定のためだけの研修ではなく、その他の技術研修にも積極的に参加しています。
今月は新商品、「ホイールコーティング2」の研修があります。

また、1年に1回、キーパーコーティングの技術コンテストが開かれるので、それに向けての練習も行っています。
当店からは米田チーフが地区チャンピオンになって2度全国大会に出場しています。他のスタッフも全国チャンピオン目指して練習を行い、地区チャンピオン戦で上位に入れるくらいの技術力を有しています。

頑張る、という事は期間限定のような気がします。
常に頑張る事を継続するのは難しいですが、技術力向上のための「頑張る」が、当たり前になると、
つまり、頑張らなくても出来るようになると一つレベルが上がります。

そのような仕組みで全国的にキーパーコーティングのレベルは毎年上がっています。
SNSなど、口コミでもご好評いただいているのはそんな理由なのかもしれません。
それではコーティング施工車のご紹介です。
新車のムーヴキャンパスにダイヤモンドキーパーを施工させて頂きました。
窓ガラスにはフッ素ガラスコーティングを施工しています。

ホームページを見てWeb予約をしてくださいました。
その仕上がりにも「新車よりキレイになっています。」と大変喜んで頂けました。

もう一台、

マークXにはクリスタルキーパー・フルコースを施工させて頂きました。

当店でコーティングされた知人の車を見て、「こんなにキレイになるなら自分の車もやってもらおう」と、ご予約を頂きました。
「今度、いつ乗り換えるかわからないから1年のクリスタルキーパーにするよ。」とコーティングを選ばれました。

仕上がりには
「ほんと、キレイだね。これなら知り合いにも勧められるよ。」
とお喜び頂けました。

ぜひご紹介ください!

ご利用ありがとうございました。