キーパープロショップ(KeePer PROSHOP)

キーパープロショップ林堂店

株式会社ヤスカワ

  • 2022年06月

2022年06月25日(土)

本気のコーティングと洗車のプロショップ

当店はカーコーティングと洗車のプロショップです。

元々は出光のガソリンスタンド林堂SSの中の一つのサービス商品だった洗車。
しかも手洗い洗車が主ではなく、門型の機械洗車機を使った洗車でした。
機械洗車で洗った車の水滴をキレイに拭き上げ、車内もキレイにお掃除して、給油に来店されるお客様に喜ばれるサービスでした。
機械洗車機でもこれだけ喜ばれるのだから、手洗い洗車やカーコーティング、その他にも車の隅々までキレイにする技術を身につければもっと喜んでもらえるのではないか、と様々な研修に参加しては技術を蓄積していきました。

その中には車をポリッシャーという機械で磨いてコーティングするというサービスもあり、社長である私(当時は店長でした)が1人で磨いてコーティングして、他のスタッフは今まで通りの洗車、という構図になってしまった時期がありました。

私は一生懸命、1日中車を磨いて塗装面を鏡面にしてからコーティングをするという作業をして、お客様に「わー、すごい!」と想像以上に美しくなった愛車に喜んでもらい、私も喜んでもらえた事に喜びを感じることができましたが、他のスタッフとその喜びを共有することはできませんでした。

鏡面研磨は非常に高い技術と経験が必要で、ガソリンスタンドのスタッフが片手間に他の業務をしながらできるものではありませんでした。
しかも、マニアな人には高く評価されていましたが、一般の人にとっては高額なサービスなので当店のガソリンスタンドのお客様からは月に数台しかご注文をもらう事ができていませんでした。

そんな時にキーパーコーティングに出会ったのです。
出会いのきっかけはホームページでした。
KeePer技研株式会社の谷会長が書かれていたブログを拝見して、とても共感することが多く、これなら、もっとたくさんのお客様に喜んでもらえる、と思ったのでした。

キーパーコーティングは塗装面を鏡面にまで磨きこまなくてもケミカルの性能だけで十分なツヤを出せて塗装の身代わりになって傷んでくれます。
この性能の高いケミカルなら当店のスタッフも習得に、それほどの時間を要する事は無いのではないか、と考えてキーパーコーティングに取り組む事にしたのでした。

それが、かれこれ12,3年前でしょうか。

写真は本日の新コーティングブース。
すでに満車です。
キーパーコーティングに取り組み始めた頃はコーティングブースは無く、タイヤ交換やオイル交換をするピット室で作業をしていました。
手洗い洗車も屋外で行っていました。

スタッフはやる気になっていましたが、設備が整っていなかったので
「これでは高品質なサービスが出来ない」と思い、すぐさまガソリンスタンド前に空いていた小屋を借りてコーティングブースに改造しました。

その後、スタッフの技術力はどんどん上がり、それと共にお客様もたくさんご来店してくださるようになりました。
そうなるとコーティングブースも洗車場も足りなくなり、現在に至っているというわけです。

スタッフの増員と育成が急務であり、先日も2級検定に合格したスタッフがいるのですが、合格したからと言ってすぐに全てを任せるわけではありません。

出来ている事と出来ていないことを見分けて育てています。
全てはお客様に笑顔になっていただくため。
プロ意識が自分の中で芽生えてくれるまでは一人前とは思っていません。

当店は本気のキーパーコーティングと洗車のプロショップです。
専門店にカーコーティング専用のブースはあって当たり前ですし、洗車機も純水機も備えていて当たり前。
陰のある屋根の下で洗車をするのも当然のことです。
プロの技術者もお客様に喜んでいただけるように常に技術を磨き、情報を仕入れています。
意識の高いスタッフは私のブログはもちろんの事、他のコーティング専門サイトやKeePer技研のサイトも隅々まで見ています。
お客様からの相談があった時に、適当な答えをするのではなく、最適な方法を提案できるように基礎的な知識から最新の情報までを準備しています。

そのような事もプロショップなら普通の事で、技術コンテストに出場するのもプロだから技術力を上げたいのが理由です。
先日も松本チーフがキーパー技術コンテストの予選会の見学に行っていました。
28日に出場予定ですが、初出場なのでその場の雰囲気を感じておきたかったようです。

先輩の米田店長は2回全国大会出場、上田も2位に入っています。
彼らと共に2年以上やってきている松本は同等のスキルを持っています。
後に続く後輩たちも彼らを見て育ちます。

同業他社さんに、どのように集客をしているのですか?と訪ねられる事が多いのですが、お客様に喜んでもらうために本気のキーパーコーティングと洗車の専門店に取り組んでいるからだと私は思っています。

それがお客様の心に伝わる事でご来店いただき、お喜びいただけているのではないかと思います。
これからも本気でお客様の喜ぶサービスを行っていきます。
お客様が一番求めているものがあるお店になれるように、今後も改善してまいります。

※通報内容について詳しい内容をお伺いする場合があるため、入力をお願い致します。