キーパープロショップ(KeePer PROSHOP)

キーパープロショップ林堂店

株式会社ヤスカワ

  • 2019年02月

2019年02月18日(月)

自主性がとても大事

今年で6回目を迎えるキーパー技術コンテスト。
キーパーコーティングの技術力を競う大会です。
全国のたくさんの予選会を経て各都道府県の地区チャンピオンが決まります。
その地区チャンピオンが全日本チャンピオン決定戦を戦います。

当店も毎年このコンテストに参加しています。

当店から全国大会に出場しているのは米田チーフただ一人。
2回全国大会に出場しています。
もちろん、全日本チャンピオンになるつもりで出ていますが、結果は14、15位。
2回全国大会に出場した人は殿堂入りして、それ以降の大会には参加できません。
殿堂入りした人は後進に道を譲り、次の優秀な技術者を育てるのです。

昨年は店長の上田が全国大会を目指しましたが惜しくも2位。
地区チャンピオンになれませんでした。
今年も全国大会を目指してがんばっています。

そして、先日コーティング技術認定1級の資格を取得したばかりの井岡スタッフも初参加します。
まだキーパーコーティングを始めて3か月。
基本的な事は出来ていますが、予選会を通過するにはまだまだ練習が必要です。
技術認定1級の検定の時の得点は2位だったそうで、1位になれなかった事を悔やんでいました。
関西予選会はレベルの高い人たちがこぞって出てきます。
先日、米田チーフに技術を「教えてください」とお願いしていた井岡さんでしたが、米田が言うには「基本的な事は教えてあるから、あとは自分で研究して覚えて。間違えていたら言うから。」との事。
チャンピオンの動画を見たり、自分の施工姿を動画で撮影して確認するとか、そういう事を自分で工夫してやって行く方が身に付くと言います。

過保護に教えるよりも、自主性が大事という事でしょう。
今日は動画を自分の携帯で撮って研究していました。
実は自分の施工姿を撮ったのは初めて。
それを見て、「遅すぎて落胆しました・・・」
との事ですが、

「あの横断幕が欲しいです。」

と、米田のチャンピオンの横断幕を見て言うてます。

まずは、上田店長を超えないとね。