キーパープロショップ(KeePer PROSHOP)

キーパープロショップ林堂店

株式会社ヤスカワ

  • 2022年04月

2022年04月05日(火)

洗車場も屋根がある方が望ましい

カーコーティングをするには密閉空間でホコリや砂が入り込まないコーティングブースが最適な環境です。
明るい照明、適温を保てる空調も必須です。

キレイにコーティングする技術力は絶対ですが、他にも、あった方が望ましい設備があります。

それが、屋根のある洗車場。

コーティングをする前には必ず手洗い洗車を行います。

洗車場に屋根があるとコーティングの品質が上がります。

普段の手洗い洗車の仕上がりも良くなります。

気温の高い太陽が照りつけている中、屋根の無い屋外で洗車をすると洗剤や水道水が焼き付いてシミになります。
風が強い日は砂やホコリが飛んで来るので、車のボディに傷を付ける恐れがあります。
寒い冬に屋外で洗車をすると氷ることがあります。
屋根の無い屋外で洗車をすると様々な自然環境の影響を受けるのです。
雨の日は洗車するスタッフがずぶ濡れになるだけでなく、汚れ落としに使われる洗剤、爆ツヤが雨で薄められます。

だから、洗車も屋根の下で行うのがベストなのです。

私たちがキーパープロショップ林堂店をスタートさせた時は屋外で洗車をしていました。
屋外での作業が大変で品質がなかなか上がらない事を身をもって知っています。
なので、店舗拡張する時には必ず屋根のある洗車場を作ろうと思ったのです。

洗車場には手洗い専用の洗車機「快洗7」と「快洗jr200」、そして純水機「快洗RO」があり、これらを使って車のコーティング前の下地処理を行います。

そしてコーティングブースに車を移してからコーティングがスタートします。

そのコーティングブースも、本日、床塗装を行いました。

高い品質のコーティングは高い技術力と整った設備、そして信頼の置けるケミカル(材料)によって作られます。

※通報内容について詳しい内容をお伺いする場合があるため、入力をお願い致します。