キーパープロショップ(KeePer PROSHOP)

キーパープロショップ林堂店

株式会社ヤスカワ

  • 2022年02月

2022年02月22日(火)

初心者マークの白い跡を消す方法

初心者マークや高齢者運転マークなどのマグネットプレートを車に貼り付けて、何日も付けっぱなしにしておくと、それらを剥がした時に塗装面に白いシミのような跡形が残ってしまいます。

このような経験をして困っている方、再塗装してしまった方、諦めてしまった人は多いのではないでしょうか。

この白いシミは塗装の表面が汚れたり傷ついたりしているわけではないので、上から洗ったりワックスがけをしたりするだけでは容易には取れません。

マグネットのプレートを車の塗装に長時間貼りっぱなしにしておくと必ずと言っていいほど、この白っぽい曇りが塗装に出てしまいます。

私も今まで色々な初心者マークの跡を見て来ましたが、なかなかスッキリとキレイになった事がありませんでした。
今回もお客様から相談があり、なんとかキレイにすることが出来ないだろうかと、調べ、相談し、導き出した答えが、花粉のシミ取りと同じ方法です。

花粉のシミも塗装の表面が荒れている訳では無く、塗装の中に花粉に含まれるペクチンと言われるネバネバした成分が浸透してシミを作ってしまいます。
このシミは80℃程度のお湯を塗装面に浸して暖めるとシミは分解されて消えて無くなります。

これと同じような原理でマグネットがいたずらして白くぼやけた塗装を元に戻そう、と言うモノです。
熱による塗装の伸縮を利用したこの方法、結論から言うと上手くいきました。

今回のマグネットのシミは軽度なものでした。
新車から1ヶ月ぐらいのお車で、ずっと初心者マークを付けっぱなしにしていたわけではないそうです。
重度なシミにも効果があるかどうかは今のところ分かりません。

花粉と同じように、初心者マークのシミが取れるなら、夏まで待てば勝手に消えてなくなってくれるはずです。
世間の初心者マークの白いシミで悩んでいる人も夏を迎える頃には解決してしまうのかもしれませんね。

※通報内容について詳しい内容をお伺いする場合があるため、入力をお願い致します。