キーパープロショップ(KeePer PROSHOP)

キーパープロショップ林堂店

株式会社ヤスカワ

  • 2022年01月

2022年01月18日(火)

新型車が続々で次に何する?コーティング。

2022年は新型車が続々と発売されます。

ステップワゴン、ノア&ヴォクシー、フェアレディZ、アトレー&ハイゼット、レクサスLX600,シビックタイプR、マツダMX-30、トヨタVZ4Xなど気になる車種がいっぱいです。

私が気になるのはノア&ヴォクシー。

今年1回目の車検を迎える私のヴォクシーは5年のリース契約車。
あと2年は乗るつもりですが新型車が出ると次の車は、どうしようか・・・と考えてしまいます。

やんちゃなフロントグリルに拍車をかけて大きな開口ぶり。
賛否が分かれるデザインではありますが、性能は格段に上がっているようです。
他社のミドルサイズのミニバンに比べて運転支援に遅れをとっていたノア&ヴォクシーですが、今度はすごい。

私が今いちばん車に求めるところは運転支援。
おじさんになると運転が疲れるのです。
長距離運転で出かける時は私が運転手。
夜になると前方を走る車のテールランプがチカチカして疲れます。
そんな私に自動運転なんて最高です。
完全な自動運転まではまだまだですが、新型ヴォクシーはずいぶん進化しています。

とはいえ、このデザインはおじさんにはちょっと派手かもしれません。
乗換える2年後までは、まだまだ新型が出るでしょう。
ミニバンを卒業するか、SUVにするか、セダンやワゴンにするか、子供の成長によって変わってくるかもしれません。

先日、行われた東京オートサロンではKeePerもブースを出展。
EXキーパーを施工したハリアーが展示されていました。


こちらの記事でも紹介されていますが、KeePerコーティングも新しいコーティング「エコプラスダイヤモンドキーパー」が発売される予定です。

このエコプラスダイヤモンドキーパーは、今までの「ピカピカ」「水はじき」を謳ったコーティングからさらに一歩進んで、自然の雨が洗車となり汚れを落とし、洗車回数が減ることによって「水を大切にする」という環境問題に向き合い、エコに取り組むことができるコーティング。

SDGsに貢献できるという時代に即したコーティングです。
ダイヤモンドキーパー相当の艶がありながらEXキーパーに匹敵するくらい汚れないようです。

価格帯は8万円ぐらい。

従来からあるクリスタルキーパー、ダイヤモンドキーパー、ダブルダイヤモンドキーパー、EXキーパーにエコプラスダイヤモンドキーパーが新たにラインナップされます。

選ぶ楽しみも増えて悩ましい限りです。

次の車は何にするか、コーティングは何を選ぶか。
悩んでいる時が一番楽しいのは私だけでしょうか?(笑)

※通報内容について詳しい内容をお伺いする場合があるため、入力をお願い致します。