キーパープロショップ(KeePer PROSHOP)

キーパープロショップ林堂店

株式会社ヤスカワ

  • 2019年01月

2019年01月24日(木)

キーパーコーティングの特徴と選び方|ダイヤとクリスタルとWダイヤ

お客様がキーパーコーティングを選ばれる時に何を基準に、どのように得ればれているのかをご説明いたします。

「どのコーティングを選べば良いですか?」
「ダイヤ、クリスタル、Wダイヤ、それぞれのコーティングはどう違うのですか?」
というお問合せが毎日多くあります。

基本的にキーパーコーティングはどれを選んでもご満足していただけると思うのですが、私はお客様の嗜好性や車の乗り方、お手入れの間隔、普段の駐車環境などをお聞きして一番どれが合っているのかをご相談させて頂いています。

【比較の目安となる情報】

耐久性
●1年耐久 クリスタルキーパー
(1年間ノーメンテナンス・洗車だけ・1年ごとの塗り替え)
●3年耐久 ダイヤモンドキーパー
(3年間ノーメンテナンスor1年に1回のメンテナンスで5年耐久)
●3年耐久 Wダイヤモンドキーパー
(3年間ノーメンテナンスor1年に1回のメンテナンスで5年耐久)

1年ごとに塗り替えるクリスタルキーパーは繰り返すほど塗装面が平準化するので美しくなっていきます。
ダイヤモンドキーパー、Wダイヤモンドキーパーは、ともに3年耐久か1年に1回メンテナンスを実施して5年耐久にするかを選べます。
2年間ノーメンテナンスで乗り続け、途中でメンテナンスをして5年間キレイに乗るという方法もありです。
また、いつも屋外駐車という環境よりも、屋内駐車やカーポートなど、屋根のある環境に駐車している方が耐久性も伸びますので、メンテナンスの間隔を開けるという事も可能です。キレイにしたい時にメンテナンスを実施するという感覚でも大丈夫です。
とはいえ、多くの方はメンテナンスをするのを忘れないように当店から案内のハガキを出させて頂いた時にメンテナンスを実施される事が多い傾向にあります。

耐久性の話をしましたが、それだけではコーティングの性能は測れません。
●クリスタルキーパー「5」
●ダイヤモンドキーパー「6」
●Wダイヤモンドキーパー「7」
このような感覚的な数値だけでは測れないのが艶なのですが、どれもキレイに仕上がるので、あえて違いを言葉で表現するなら、クリスタルよりダイヤの方が厚みがあって深みのある色合いになります。さらにWダイヤは周りの景色が写り込むほどに美しく、深い艶が特徴的です。

厚みがあるコーティングほど深みが出て美しく見えます。

コーティングの厚み
●クリスタル「2」
●ダイヤ「3」
●Wダイヤ「5」

汚れにくさ
●クリスタル「3位」
●ダイヤ「2位」
●Wダイヤ「1位」

5年間でかかる1年あたりの費用(Mサイズの場合
●クリスタル 18,000
●ダイヤ 17,780円(1年に1回Aメンテナンスをした場合)
●Wダイヤ 22,860円(1年に1回Aメンテナンスをした場合)

3年間でかかる1年あたりの費用(Mサイズの場合)
●クリスタル 18,400
●ダイヤ 18,833円(3年ノーメンテナンスの場合)
●Wダイヤ 27,300円(3年ノーメンテナンスの場合)

これらの基本情報プラス、お客様のご要望をお聞きしてコーティングの種類やオプションをお客様に選んでいただいております。

色々お話しさせて頂いた上で「どれがいいと思いますか?」と、お客様に聞かれる事もございます。
その時は率直に一番おすすめだと思うコーティングやオプションメニューをおススメしています。

選ばれるメニューはお客様によって様々です。

お客様に喜ばれると思うメニューを自信を持ってご提案いたします。
一番自分に合っていると思われるものをお選びください。

きっとご満足いただけます!

たくさんのお客様にご満足いただき、リピート施工して頂いています。
インプレッサにもクリスタルキーパーやホイールコーティング、フッ素ガラスコーティングなどをリピート施工させて頂きました。
新車のBMWにもクリスタルキーパーを施工させて頂きました。

お車を乗り換えられてもコーティングにご来店してくださいました。

自分に合ったメニューを選べるのがキーパープロショップの良いところなんです。
新車時はボディだけでなくホイールや窓ガラスにもコーティングしておくと汚れにくくて、いつまでもキレイでいられます。